2015年9月17日 (木)

セカンドアルバムCD「しあわせの木」2016年春発売決定!

【緊急告知】(by 荒川洋)
セカンドアルバムCD「しあわせの木」2016年春発売決定!
2016年春にセカンドアルバムが発売されます。
これまで、ファーストアルバム(2008)に発売されてからお買い求めいただいた枚数が8000枚を達成し、荒川洋&光田健一の共同プロデュースで企画した限定1000枚マキシシングル「しあわせのたね」も完売御礼という驚異的なセールスを記録してまいりました。本当にたくさんの方々に聴いていただき、ありがとうございます。
その実績と、荒川知子を支えてくれる本当にたくさんのブレーンの方々のご支援もいただき、2016年春(2月予定)に待望のセカンドアルバムがキングレコード子会社のベルウッド・レコードから発売になります。
これは、一家族の力だけでは実現できなかった事です。今までの、皆様の感謝を込めて、今まで演奏してきた曲や、新しく今回のCDのために作っていただいた曲も含めて、収録する事ができました。
レコーディングし終わった時点でも、曲のインパクト、ゲスト奏者のパフォーマンス、新曲の斬新さが際立ち、今回プロデュースした荒川洋自らも深い感動を感じざるを得ません。そして、今回レコーディングをしてくれたベルッド・レコードの皆様も、妹の演奏と、収録した曲のパフォーマンスに非常に驚きをもって接していただきました。
10月現時点では、まだ作業途中ですが、作曲していただいた樹原涼子先生の曲も大変素晴らしく、今まで演奏してきた、荒川知子とファミリーアンサンブルのレパートリーにはない新しい風を吹き込んでいただいたように思います。「海風にのって」というタイトルですが、演奏しているだけで、風景が目に浮かび、風を肌で感じる事ができます。楽しげなピアノのリズムに乗って、みんなが戯れる様子が音楽から感じ取れ、仕上がりが待ち遠しいです。
あんべ光俊さんの曲「朝の月」も、今回リコーダーバージョンでレコーディングを行いました。これは、荒川洋があんべさんに提案したものですが、一度聴いた瞬間に、このアルバムの構成を左右するくらいのパワーを持っている気がしました。あんべ光俊さんご自身も、レコーディング二日目にキングレコードに参加していただきましたが、「荒川くん、ここは歌入れようか」「知子ちゃん、歌わない?」「ここは家族で全員で歌ったら?」「もう1テイク別にとろうか?」とさすがシンガーソングライターであり、プロデューサーです。即座に直感でイレギュラーな注文を要求し、収録中の内容が次々に様相が変わっていきました。さすがでした。
ただ、これに答える荒川知子も見事としか言いようがないのですが、即座に歌い、リコーダーを吹き、まるで予め予定していたかのような出来栄えに、こちらも大変驚きました。
ジャケットの仕上がりですが、全国で大活躍中のダウン症の書家・金澤翔子さんの字をタイトル予定の「しあわせの木」の文字を書いていただいている最中です。
他に、参加してくれた、チェロの植木昭雄さんはサイトウキネンでも広く活動し、ピアニストの佐藤勝重さんも桐朋学園大学でも講師をし、ソロ活動や伴奏でも広く活動していた奏者です。そして、僕も含め、共に同時期にフランスで学んだ音楽仲間でもあります。
光田健一さんは、新日本フィルハーモニー交響楽団での、石井竜也さんとの公演の時に音楽プロデュースを担当し、歌とピアノでサポートしている様に感動し、それ以来の音楽活動でおつきあいさせていただいています。本当に僕からみたらスーパースターですが、今回も光田さん自ら書いていただいた「あれぐろ・あめんぼ」「海がきこえるよ」を収録しました。
このアルバムをきっかけに、さらなる人と人がつながるアイテムとなりますように。妹の奏でる音楽とそれに集まっていただいた様々な人の思いや音楽が、聴いていただいた人の心を打ち、生活の傍らでいつも流れているようなアルバムを目指しています。
是非、発売の折にはお求めいただき、来年の9月4日仙台萩ホールで予定されている”セカンドCD発売記念コンサート”(追加公演も企画中)にお越しいただけると幸いです。
10月24日(土)
荒川洋
【収録予定曲目】
光田健一:あれぐろあめんぼ
光田健一:うみがきこえるよ
菅野よう子:花は咲く
作者不詳:アメージング・グレイス
荒川洋:青葉の森で
ヘンデル:泣かせ給え
ジュリアス・ベネディクト:みそさざい
シャーマン兄弟 メリー・ポピンズ
リチャード・ロジャース私のお気に入り
樹原涼子:海風にのって
あんべ光俊:朝の月
佐原一哉:童神(わらびがみ)



2015年9月に東京都内のキングレコードの第一スタジオを2日間貸し切ってのレコーディング。


たくさんの方々にお世話になりました。













左から荒川健秀(父)、植木昭雄さん(チェリスト)、佐藤勝重さん(ピアニスト)、ベルウッドレコード坂口さん、右手前=ベルウッドレコード石川さん、右から=光田健一さん(シンガーソングライター)、荒川知子、荒川幸子(母)
レコーデディングは長時間に及ぶ(朝から夜の23時まで)

3日目は中野坂上のフラミンゴスタジオに移動し、23時に最終レコーディングを終える。
お疲れ様でした。

コメント